2017年02月22日

中岡慎太郎先生顕彰会、京都研修!!

2月18日、19日と中岡慎太郎先生顕彰会の京都研修に行ってきました。
中岡慎太郎先生のことが学べとても良い研修でした!
それでは18日から紹介します♪
京都では「京都維新を語る会」の川崎先生と、杉本先生がガイドをして下さいました。
土佐藩関係地図が配布され、土佐にゆかりのある場所をまわりました。
おそろいの家紋の入った赤いジャンバーを着てるので、街中でかなり目立ちました(笑)
バスを降りてすぐ、長州藩の屋敷あとから桂小五郎像、佐久間象山・大村益次郎遭難之碑。
ここでいう遭難は、ここで斬り殺されたということです。ちなみに佐久間象山は河上彦斎(かわかみげんさい)に殺されています。そして、お待ちかね武市瑞山先生の寓居址(仮住まい)そのすぐ隣には、吉村虎太郎寓居址。また途中、本間精一郎遭難之碑がありました。殺したのは土佐の岡田以蔵です。見られませんでしたが、柱に刀傷も残っているとのことでした。土佐藩邸跡には、小学校が建ってあり(今は閉校し映画館になっています)すぐそばに土佐稲荷神社(岬神社)がありました。当時と場所は変わったけども、龍馬や慎太郎もここでお参りしたそうです。境内には小さな龍馬像もありました。

 そして、だんだと近江屋に近づいていく最後、中岡慎太郎寓居址がありました!!北川村の柏木から来て、ここに住んでいたと思うと感慨深かったです。今は、抹茶館になっており抹茶スイーツが人気とのことで、大行列ができていました。慎太郎と龍馬が殺された近江屋は、ここからすぐ。土佐藩邸とも近い距離でした、実際に歩いてみるとその近さがわかります。最後は近江屋から八坂神社に行き、円山公園の坂本龍馬先生、中岡慎太郎先生の前で記念写真を撮りました。
コースの選定、地図の配布などきめ細かい対応、何より話が面白く、皆、大満足のツアーでした。観光に関わるものとして、とても勉強になりました。中岡慎太郎の知識と、ツアーの進め方など今後北川村での観光に生かしていきたいと思います。
川崎先生、杉本先生、ありがとうございました!!


2月19日は、中岡慎太郎先生のお墓のある京都霊山護国神社に行ってきました。
今回の研修の大事な目的であるお墓の掃除です。
ほうきをもってきて、お墓の周りを皆できれいにしました。
写真は、お墓のそばにある中岡慎太郎と坂本龍馬の像です。

今回の研修。行き帰りのバスでも色々な話が聞けて、参加してほんと良かったです!!
これからの活動のヒントになるお話もたくさん聞けました。
それと皆、中岡慎太郎先生が好きな人ばかりで、熱い想いも伝わりました。
中岡慎太郎先生のおかげで出会えたと思うので、このご縁を大切にしていきたいです。
皆さま、ありがとうございました!!

IMG_5391.JPG

posted by ゆず at 16:06| 中岡慎太郎

2017年02月03日

中岡慎太郎と巻の淵

おはようございます♪今日も北川村は快晴です♪今日は、巻の淵(まきのふち)と幼少期の中岡慎太郎の話を紹介します。今は浅くなっていますが、昔は深く、この断崖の真下は川の流れが大きく曲がるため、渦巻き状の水流が起こりやすかったそうです。幼少期のある夏、村の子供たちと水泳をしていた慎太郎は20メートル近くある断崖の上からこの渦に飛び込んだという話です。とても度胸のあるエピソードです!!今は展望所もあり、良い景色が見られます♪この川の清いこと!風景が美しいです!
CIMG4345.JPG

CIMG4347.JPG

CIMG4353.JPG

CIMG4343.JPG

CIMG4351.JPG
posted by ゆず at 11:35| 中岡慎太郎

2017年01月27日

山内容堂について!!

先週、高知市へ行ったのですが、引き寄せられるように、ある像の前に立っていました。調べて行ったわけではなく、偶然です(笑)像の名は山内容堂さん、歴史に詳しい方ならすぐにピンと来る名前ですが、この時は手に杯があるのでお酒が好きな人なのかなとしか思いませんでした。説明を見ると、土佐藩藩主とのことで、こっちに引っ越してきたのでご挨拶しておきました。
CIMG4307.JPG 

 そして数日後、この前手に入れた中岡慎太郎の本で、また、この名前を目にします。山内さん、やってくれる。山内容堂は、※土佐勤王党をつぶそうと徹底的に弾圧し、主な人を牢屋へ、武市半平太、切腹。野根山二十三士全員処刑。この本だけだと、嫌なイメージですが、その後、ある方に話を聞くと、非常に判断力があり、政治的に優れた方だったようです。のちに、板垣退助は、今の土佐があるのは、山内容堂のおかげだというようなことを言われています。また、大政奉還の時には、反対の部下の話を一人、一人、聞き、ちゃんと説得したとのことです。自分で考え、判断する力が凄いです。決めるという事には、自分が責任を取るという事が付いてきます。角度を変えると見る目が変わります。この時代のかなり重要な人物です。もし、弾圧がなければ、中岡慎太郎も脱藩してないかもしれません。たらればを考えるのも面白いです♪

※土佐勤王党(とさきんのうとう)
1861年武市半平太の呼びかけで結成。
土佐藩で尊王攘夷運動を行う政治団体。
中岡慎太郎、坂本龍馬、大石弥太郎など、約二百人で下級武士身分がほとんど。

posted by ゆず at 11:23| 中岡慎太郎