2015年03月09日

高知県立大学フィールドワーク[最終日]

2泊3日高知県立大学『フィールドワークin北川村』最終日は

魚梁瀬森林鉄道の北川村支線を歩いてもらいます。

魚梁瀬森林鉄道についてはぜひ、HPをご訪問ください(^_^)

IMG_1284.JPG

今回歩いてもらう“支線”の始まりは「北川村長山地区」の入口。

案内人は≪魚梁瀬森林鉄道を保存する会≫の矢田さん。

IMG_1290.JPG

矢田さんは現在、お隣の町「田野町」でお住まいですが、2日目の記事で紹介した
「北川村木積」のご出身で、“ワハハとおり”命名者です(^_^)

魚梁瀬森林鉄道は観光資源としても活用され、観光客を受け入れしていますが、
トンネルや橋梁などの<遺構>は現存していますが、軌道が残っていて、林鉄列車が
走っている風景を見ていただけるわけではありません。

なので、矢田さんのような当時を知る案内人の“お話”でいかに聞き手に当時の様子を
イメージしてもらえるか、が重要になってきます。

IMG_1291.JPG

矢田さんの丁寧で、熱心な語りに、学生もメモをとり、真剣に聞き入ってくれてました。

IMG_1298.JPG

今回は、一般の観光客にはご案内をした事がない、初めての<北川村支線コース>

IMG_1301.JPG

こんな険しい斜面もロープで登ってもらいます(^_^;)
学生さん達が“モニター”ですね。

IMG_1304.JPG

女子学生の方が頼もしかったなぁぁ(-。-)

IMG_1306.JPG

↑↑この橋の上を林鉄列車が走っていました。

fw2-1.jpg

この先に奈半利川が流れていて、対岸までこの橋が続いていたそうですが、

IMG_1312.JPG

現在は川の真ん中あたりに橋桁の一部が残っているだけ。
対岸には渡れません...

fw2-2.jpg

この橋にどこから登れるのか、私も知らなかったので、今回、教えてもらって初めて登る事が
できました。私にとっても、学生さんにとっても貴重な体験でした(^_^)ぴかぴか(新しい)

次に案内してもらった道も昔、林鉄列車が走っていた軌道跡。

IMG_1341.JPG

この道を列車が走っていたなんて、ちょっと想像できません。

IMG_1340.JPG

『昔はこんなに木が大きくなかったから、向こうの道を歩いている同級生に声をかけたら
すぐに聞こえて、話ながら歩いた事やった』と、当時を懐かしそうに思い出しながら話して
くれた矢田さん。

指差した“向こうの道”は見えないくらいにずゥゥゥっと向こうにありましたけど(^_^;)ね。

IMG_1345.JPG

『この上に昔の村道があって、この先に北川村で最初の発電所があったがですよ。
行ってみようかね(^_^)』

IMG_1348.JPG

...2日目の“けもの道”に勝るとも劣らず、な道...

またまた私は置いていかれましたけど、学生さん達は足を滑らせながらもどんどん登っていきます。

登った先に、

IMG_1351.JPG

↑↑これが昔の村道で、右手に少し斜面になっている道が見えているのですが、
その道が林鉄の軌道跡。村道と軌道がここで一緒になっていたそうです。


そして、軌道はこの先に続き、

IMG_1356.JPG

みんなが覗いている先には隧道(=トンネル)が!!

IMG_1357.JPG

入口は土や木で半分以上がふさがっていますが、

IMG_1360.JPG

その先は当時を思わせる“トンネル”が続いていました目

『まっちゃん(私)、これは覚えちょってよ!!ここにある!と覚えちょってよ』と、矢田さん。

もちろんです!!!

貴重な場所を、貴重なものを教えていただきました<(_ _)>


IMG_1349.JPG

下を見下ろすと、長山地区。初めての光景です。

IMG_1364.JPG

最後に、矢田さんから学生に。

北川村を含む周辺5町村の共通遺産≪魚梁瀬森林鉄道≫。
林業が盛んだった頃の中芸地区と、北川村の生活や文化をお話してくれて、フィールドワークは
終了しました。

IMG_1366.JPG

今回歩いてもらった北川村支線は矢田さんが新たに資源として活用していきたいと
考えていて、とてもいいタイミングで学生さんにモニター的に歩いてもらう事ができました。

3日間のフィールドワークを終了して、今年の参加学生さん達が北川村をどのように
感じてくれたのか、どんな提案をしてくれるのか、どんな“視点”を見せてくれるのか。

これからの報告が楽しみです。


★★2012年から始めたこの活動と、今年の参加学生さんの報告は専用HP
きたがわをさんぽ』でもご覧いただけます。
ぜひ、ご訪問ください(^_^)★★







posted by ゆず at 21:33| 高知県立大学文化学部の活動