2016年08月26日

[第1回中岡兼賞]公募のご案内

中岡慎太郎先生顕彰会では、今年、【中岡兼賞】を開催します。

中岡兼(なかおか かね)とは、幕末の志士中岡慎太郎の妻です。

兼さんが読んだ短歌を多くの皆さまに知っていただきたくて、

【中岡兼賞】を開催し、短歌を募集します。

兼賞応募チラシ(表).jpg

嵐山たかねの桜おりかざし
     帰れわが背子花ちらぬまに

これは夫、中岡慎太郎から『所用があって京都へ行くから印鑑をだしてくれ』
といわれ、脱藩するとは知らずに夫の旅支度を済ませ、烏ケ森への山道を登っていく
夫の姿を見送りながら、なぜか胸騒ぎを覚えて読んだ兼さんの歌です。

この歌にちなんで、募集短歌のテーマは

●一般の部 <夫婦愛> <別れ>

●高校生以下の部 <家族愛>

募集期間は平成28年9月1日〜9月30日※当日消印有効


兼賞応募チラシ(裏).jpg

中岡慎太郎先生顕彰会では投稿用紙を兼ねた募集チラシを用意しています。
8月30日から配布可能になりますので、ご希望の方は顕彰会へご連絡ください。

PDFにて募集チラシ(表裏)を添付します。
印刷できるかたはこちらもご利用ください。




詳しくは中岡慎太郎先生顕彰会事務局までお問合せください。

0887−38−2413 ※火曜日休み



posted by ゆず at 22:06| お知らせ