2016年03月23日

「モネの庭」作<中岡家の花家紋>

薩長同盟締結後150年の今年、維新回天に尽力し、
幕末の世を駆け抜けた<中岡慎太郎>が生まれた地
北川村柏木に「モネの庭」の花で、10mサイズの中岡家家紋を作ります。

kamon5.jpg

場所は、中岡慎太郎館から慎太郎の生家へ続くスロープ脇の芝生の法面。

kamon3.jpg

デザインし、作るのは「モネの庭」庭園管理責任者で、昨年、フランスの文化勲章“シュヴァリエ”を
受勲した、<川上裕>氏。

kamon2.jpg

完全なアナログ人間の川上さん(^_^;) ノートとメジャーと自分の足でサイズを測り、
イメージして、その場でデザインしておりました。

kamon1.jpg

しばらく色々と考えておりましたが、「絵」が描けたようです。

『うん。大丈夫。できるでしょう(^_^)』と力強い言葉を頂きました。

kamon1.jpg

中岡慎太郎館の入口に見えるのが中岡家の家紋。

この家紋を

インパチェンス.jpg

赤と白のインパチェンスと、

ルッコラ.jpg

ルッコラで作ります。


そして、<かかしの庭>を作って話題になった村民さん「上村尚之」さんが、
幕末の頃の村民をイメージして、かかしを作ってくれる事になりました(^_^)

島のかかし.JPG
●島のかかしの庭の様子。

花家紋とかかしをお楽しみ頂けるのは、

2016年4月29日〜5月末ごろまで。

どなたでもご自由にご覧いただけます。
5月は「モネの庭」の薔薇や春の花がとても豊富に咲き誇ります。

ぜひ、中岡慎太郎の生まれた地と、「モネの庭」を合わせてお楽しみください!!

[お問合せ] 080-2985-5647 観光協会



島のかかし.JPG




posted by ゆず at 23:00| お知らせ